祖父と癌から学んだこと

PR|まつげの自然なカール

あなたはもし自分が癌の可能性があるとしたらどのように行動するでしょう。すぐに病院で精密な検査を受けることが最も望ましいのですが、中には自らの病を知ることが怖く病院にすら行くことのできない方もいるかもしれません。
私の祖父は60歳を過ぎても現役バリバリで働く人間でした。また、誰とでも仲良くなってしまうため人脈が広く地元でも気さくなお爺さんで有名でした。自分のことよりもまず他人のこと、仕事のことを優先する癖があり、自分が風邪の時でも病院へは行かず仕事をする人間で困ったものでした。そんなある日、祖父が半年以上前から血便が出ていたことを明かしました。それを聞きびっくりした家族に無理やり連れられ病院へ行くことになりました。精密検査の結果は大腸ガンでした。結果は祖父にも伝えられ緊急で入院することになりました。癌の大きさはとても大きく、既に末期状態で余命はもって一年とのことでした。
それから祖父は病院生活になり、みるみる痩せ細っていきました。一年前元気に仕事をしていたのが嘘のように思えたのを今でも覚えています。祖父はよく、もっと早く病院に行けばよかったと言っていました。そして余命宣告からちょうど一年を過ぎた頃、祖父は息を引き取りました。それも静かにではなく苦しみながらだったそうです。最期はあまりの苦しさを紛らわすためにモルヒネと呼ばれる強い薬で苦しみを紛らわしており、苦しみながら息を引き取る瞬間は当時中学生だった私は立ち会わせてもらうことができませんでした。
祖父が亡くなってしまうまでに至った理由は早期発見が大幅に遅れたことだったのは明確でした。祖父は亡くなる数日前、家族のみんなは検診をしっかりと受けて自分のようにはならないでくれと言っていました。その時、私はその言葉をこれから何十年先も守ることを胸に誓いました。祖父が亡くなってから十年以上経った今、我が一家は必ず何か病気のサインが見えた時は病院で検査を受けるようにしています。

 

PR|超SEO対策|SEOアクセスアップ相互リンク集|英会話教材|内職 アルバイト|お小遣いNET|家庭用水素水サーバー|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|ライブチャット|スマホチャットレディ|ネット副業|

 

 

 

 

コメントを残す