ポールウォーキングで健康増進

アラフォーと呼ばれる年代になるとオバサン体形になってきました。

あんまり運動は好きではないけど歩くぐらいならできるかと効率の良いウォーキング法をインターネットで調べてみると、2本の棒を持って歩く方法が2種類ありました。

ノルディックウォーキングとポールウォーキングは棒を持って歩くことは同じですが、ポールウォーキングは街歩き用の健康増進法とのことでした。ポールウォーキングなら自宅周辺を歩くのなら簡単にできそう。自分が感じる『楽』から『ややきつい』の間で歩き、有酸素運動になるとのことでしたので、さっそく習いに行ってみました。

まず、2本のポールの長さを自分の体に合わせます。棒の長さを自分に合わせることにより、ウォーキング中に正しい姿勢が保たれます。自分の足の前にポール2本を突くと4本足になるので基底面が大きくなり2本足で歩くよりも安定感があるため、歩幅を広げて歩けて認知症の予防効果も期待できます。また、両手にポールを持つことで腕を交互に動かすため回旋運動となりインナーマッスルも鍛えられます。普通のウォーキングでは筋肉使用量が60%なのに対しポールウォーキングでは90%になり、脂肪燃焼効果もは20~30%アップするそうです。メタボリックシンドローム対策としても有効です。

ウレシイ効果では、腕を振って歩くので血行が良くなり肩こりも楽になりました。ポールを使ってストレッチもできるので、ロコモ対策としても効果があります。

筋肉量が増えたため体重は少し減り、体脂肪率はだいぶ減り、健康的な体形に見えます。パツパツになってしまったお気に入りのボトムも、今では楽々はくことができるようになりました。
アラフォーと呼ばれる年代になるとオバサン体形になってきました。

あんまり運動は好きではないけど歩くぐらいならできるかと効率の良いウォーキング法をインターネットで調べてみると、2本の棒を持って歩く方法が2種類ありました。

ノルディックウォーキングとポールウォーキングは棒を持って歩くことは同じですが、ポールウォーキングは街歩き用の健康増進法とのことでした。ポールウォーキングなら自宅周辺を歩くのなら簡単にできそう。自分が感じる『楽』から『ややきつい』の間で歩き、有酸素運動になるとのことでしたので、さっそく習いに行ってみました。

まず、2本のポールの長さを自分の体に合わせます。棒の長さを自分に合わせることにより、ウォーキング中に正しい姿勢が保たれます。自分の足の前にポール2本を突くと4本足になるので基底面が大きくなり2本足で歩くよりも安定感があるため、歩幅を広げて歩けて認知症の予防効果も期待できます。また、両手にポールを持つことで腕を交互に動かすため回旋運動となりインナーマッスルも鍛えられます。普通のウォーキングでは筋肉使用量が60%なのに対しポールウォーキングでは90%になり、脂肪燃焼効果もは20~30%アップするそうです。メタボリックシンドローム対策としても有効です。

ウレシイ効果では、腕を振って歩くので血行が良くなり肩こりも楽になりました。ポールを使ってストレッチもできるので、ロコモ対策としても効果があります。

筋肉量が増えたため体重は少し減り、体脂肪率はだいぶ減り、健康的な体形に見えます。パツパツになってしまったお気に入りのボトムも、今では楽々はくことができるようになりました。

PR|マツエクで女子力アップ